在庫品は12:00までにご注文をいただくと、最短当日に出荷いたします。

ディズニー作品辞典

ディズニー・クラシックス作品 ふしぎの国のアリス

『ふしぎの国のアリス』(ふしぎのくにのアリス、原題:Alice in Wonderland)は、1951年7月28日に公開されたディズニー製作のアニメーション映画である。日本での公開は1953年8月19日。

ルイス・キャロルの小説『不思議の国のアリス』に興味を持ったウォルト・ディズニーが、第二次世界大戦を乗り越えて製作した。アニメーション化にあたっては、原作の持つ言葉遊び的な要素は薄れているが、ディズニーらしいミュージカル式のおとぎ話として完成されているといえる。

本作品は、『不思議の国のアリス』を原作としているが、小説『鏡の国のアリス』のエピソードや登場キャラクターも採用されている。例えば、トゥイードル・ディーとトゥイードル・ダムは『鏡の国のアリス』(元々はマザー・グース)に登場する。本作に登場するハートの女王は、『不思議の国のアリス』のハートの女王と『鏡の国のアリス』の赤の女王を合わせたようなキャラクター造形となっている。

また、本作品に登場するほうき犬は原作にはないオリジナルキャラクターである。

なおウォルト・ディズニーは1930年代戦前からこの作品をアニメ化の構想を練っており、長編映画第1作目の候補作品として挙げられていた。

■あらすじ

静かな川の野原で、アリスはお姉さんと一緒に歴史の本を読んでいたが、アリスはすっかり退屈になった。その時、アリスはチョッキを着ている白うさぎが大きな懐中時計を持っているのを見て、必死で白うさぎを追いかけた。彼女は白うさぎを追ううちに大きなトンネルまで入ったが、その先にあった大きな穴に落ちた。一番下まで落ちると、白うさぎが走っているのを見つけて、アリスは追いかけ、奇妙な空間の部屋にたどり着いた。そこには小さいドアがあったので、開けようとしたが、取っ手がしゃべって「大きすぎて入れないから無理」と言われた。アリスがどうしようかと悩んでいたところ、不意にガラスのテーブルが出てきた。テーブルの上には、瓶があって、そこには一切れの紙に「私を飲んで」と書いてあった。アリスがそれを飲むと、身長が約3cmに縮んだ。そこでアリスはドアを開けようとしたが、肝心な鍵を忘れていたのでまた入れなかった。アリスがまた悩んだところ、今度はクッキーがたくさん入った箱が不意に出てきた。そのクッキーには「私を食べて」と書いてあり、アリスがそれを食べると部屋につっかえる程大きくなった。アリスは泣き出して、部屋はとうとう水浸しになり、彼女はさっきの瓶の中身の残りを飲んだ。そして、瓶の中に入り込み、しゃべった取っ手の口を通り抜け……。

流れ着いた海岸では、ドードー鳥達がコーカス・レースをしていた。アリスはそれに加わったが、白うさぎを見てまた追いかけた。追いかける途中で、アリスはトゥイードル・ディーとトゥイードル・ダムに出会う。2人はアリスに「セイウチと大工さんの話」を聞かせてくれた。その後、アリスは白うさぎの家にたどり着いた。そこでアリスは「手袋を取って」と白うさぎに言われたので家の中に入った。手袋を見つけたアリスが、2階にあったクッキーを食べてしまうと、彼女は家につっかえてしまう程大きくなったが、畑にあったにんじんを食べて、また約3cmに縮んだ。

アリスは、白うさぎを追いかける途中でしゃべるお花達に出会う。しかし、お花達をアリスは雑草だと誤解し、アリスはお花達に追い出された。彼女は、芋虫に出会い、大きくなるアドバイスを聞いた。大きくなりすぎたりしたものの、アリスはアドバイス通りにマッシュルームを交互に食べながら、無事元の大きさに戻った。その後アリスはチェシャ猫に出会い、そして、マッドハッター(いかれ帽子屋)と三月うさぎ、眠りねずみのところに行った。そこでは“誕生日じゃない日(なんでもない日)”をお祝いするというおかしなパーティーをしていた。アリスはそのパーティーに加わった後、またもや白うさぎを追いかけるも、途中で道に迷ってしまい、とうとう白うさぎを追いかけるのを諦めた。突然また、チェシャ猫に出会い、アリスは家に帰りたいと訴えた。すると、チェシャ猫はハートの女王に会うといいと言って、アリスをトランプの国に誘い込み……。

庭の生け垣の迷路で、アリスは白いバラに赤いペンキを塗っている3人のトランプ兵たちに会う。そして、アリスはハートの女王に出会い、クローケーゲームに招待された。フラミンゴをクローケー代わりに、そして、針鼠をボール代わりに使うというおかしなゲームだった。しかし、不意に出くわしたチェシャ猫のせいで、ハートの女王といざござを起こしてしまい、アリスは裁判にかけられる。アリスはおかしな裁判のやりとりに苛々し、さっきのマッシュルームを食べて大きくなり、ハートの女王に向かって「デブで、わがままで、底意地の悪い暴君」と主張し……。

■キャラクター

白うさぎ
    アリスを不思議の国へと導くうさぎ。しゃべれる。いつも急いでいる。チョッキを着て、懐中時計を持っている。穴に入る前と後では、服装が違う。
芋虫
    水たばこをふかし、煙を吐きながら不思議な歌をうたっているイモムシ。毛虫と呼ばれても、本人は気にしていない。アリスにキノコの秘密を教える。
ハートの女王
    大柄でわがままで怒りっぽい。「首をはねよ!」が口癖。パンツの柄もハート。
ハートの王
    ハートの女王よりも立場はだいぶ下。女王とは逆に小柄で気弱なため、ハートの女王には逆らわない。
チェシャ猫
    紫とピンクの縞模様で、消えたり現れたりする。アリスに不思議の国では誰もがいかれていることを話す。
トゥイードル・ディーとトゥイードル・ダム
    二人の違いは襟の刺しゅう。アリスに無理やりセイウチとカキの話をする。
マッドハッター(いかれ帽子屋)と三月うさぎと眠りねずみ
    マッドハッターと三月うさぎの二人で「お誕生日じゃない日(吹き替え:なんでもない日)の歌」を歌いながらお茶会をしている。この二人が白うさぎの大切な懐中時計を壊してしまう。たくさん並んでいるポットの中の一つに眠りねずみが入っており、「ねこ」という言葉を聞くと驚いて錯乱するが、ジャムを鼻に塗られるとおとなしくなる。

コメントする

名前

URL

コメント

下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。

変更・解除・お知らせはこちら

会員募集中

現在、ディズニーストアのファンタジーナビ(通販)のVIP会員を募集中です。

会員登録をしていただくと、お買い物で使えるおトクなポイントを100円分プレゼント!ディズニーグッズをお探しの方はぜひ!


ディズニーグッズ 通販ならディズニーショップ ファンタジーナビ

激安セール商品

アニバーサリーミッキー極大ブロンズ像

¥27,593(税込 ¥29,800)

「蒸気船ウィリー」の公開で初めてこの世に誕生したミッキー。 その77周年を記念して特別に企画!

日本製ムーブメント

当サイトの腕時計はすべてジャパンムーブメントを採用しております。

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

商品の発送について

土日祝日は、弊社配送センターはお休みとさせていただきます。発送は営業日のみとなります。営業カレンダーをご確認ください。

QR

ページトップへ