在庫品は12:00までにご注文をいただくと、最短当日に出荷いたします。

ディズニー作品辞典

ディズニー・クラシックス作品 ダンボ

『ダンボ』(原題:Dumbo)は、1941年、ディズニー制作のアニメーション長編映画作品。またその主人公である子象の名前。アメリカでは1941年10月23日に公開している。日本では『空飛ぶゾウ ダンボ』という題名で1954年3月12日に公開された。

■ストーリー

サーカスの象のジャンボのもとに、コウノトリが一匹の赤ちゃん象を届ける。ジャンボはその小象にジャンボ・ジュニアと名づけたが、耳がとても大きく珍しい外見だったので、他の象達に笑われダンボというあだ名をつけられてしまう。

それでもジャンボは愛情をたっぷり注ぎ、可愛い我が子ダンボを大切に育てた。ある日、サーカスを見に来た子供にダンボが耳を引っ張られいじめられているのを見て、母親象のジャンボはたまらずその子供に暴力を振るってしまう。サーカス団員がそれを止めに来るが、興奮したジャンボは思わず団長を投げ飛ばしてしまい、凶暴な象として檻に入れられてしまう。

耳が大きいだけで化け物扱いされていたダンボは誰にも慰めてもらえず、悲しみのどん底に落ちる。これを放っておけなかったサーカス団員のネズミ、ティモシー(チモシーマウス)はダンボを助ける為、ダンボをサーカスのスターにする事を提案。象のピラミッドの頂上へジャンプさせる事を思いつくが、失敗してしまいサーカスをめちゃくちゃに壊してしまう。

この事で惨めな道化役にされてしまったダンボを、ティモシーは檻にいるジャンボに会わせて元気づけようとする。その帰りにとあるきっかけで一緒にピエロたちが落としたお酒の混ざった水を飲んでしまい、ピンクの象達が踊る変な夢を見てしまう。そして気がついてみると、何とダンボたちは高い木の上にいた。ダンボがその大きな耳で飛ぶことができると気付いたティモシーは、カラスたちの協力もあり、ダンボをサーカスで飛ばせることに成功する。勇気を振り絞りサーカスでも飛んで見せたダンボはアメリカ中の人気者になり、最後は開放された母のジャンボともめでたく再会する。ちなみに、ティモシーはハリウッドと契約を結んだ。

■キャラクター

    * ダンボ:象の赤ちゃん。 大きな耳のせいで、馬鹿にされ、ついてない日々を送る。
    * ジャンボ:ダンボの母親。 サーカスに遊びに来たいたずらっこが嫌でダンボをかばって暴走し、団長を投げ飛ばし、檻に入れられた。
    * ティモシー:ダンボの親友で、まさに、父親的存在としてダンボを励ますねずみ。
    * サーカス団長:サーカスのリーダー。 真面目でジャンボが暴れだすと怒る。 寝てる間に耳元でダンボがハリウッドのスターになることを知り尽くし、ダンボが人気者になることを決めた。
    * ケイシージュニア:元はリラクタントドラゴンのキャラとして出演した蒸気機関車だが、今はサーカスの蒸気機関車として、テーマソングと共に走る。

コメントする

名前

URL

コメント

下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。

変更・解除・お知らせはこちら

会員募集中

現在、ディズニーストアのファンタジーナビ(通販)のVIP会員を募集中です。

会員登録をしていただくと、お買い物で使えるおトクなポイントを100円分プレゼント!ディズニーグッズをお探しの方はぜひ!


ディズニーグッズ 通販ならディズニーショップ ファンタジーナビ

激安セール商品

アニバーサリーミッキー極大ブロンズ像

¥27,593(税込 ¥29,800)

「蒸気船ウィリー」の公開で初めてこの世に誕生したミッキー。 その77周年を記念して特別に企画!

日本製ムーブメント

当サイトの腕時計はすべてジャパンムーブメントを採用しております。

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

商品の発送について

土日祝日は、弊社配送センターはお休みとさせていただきます。発送は営業日のみとなります。営業カレンダーをご確認ください。

QR

ページトップへ